2019年1月 6日 (日)

アニライブ2019

本日は長野で開催された、伊藤かな恵さんの参加されるアニライブ2019に参加です。

計五組が参加するライブですが、知ってる方がかな恵さん以外居ないんですよね(名前だけは知ってる方はいます)

ライブが始まると、今まで参加して事のあるライブとは違う現象があって面白かったです。ライブ会場内の温度差が大きいんですよね(笑)。

やっぱり皆さん推しの方がいる訳で、それが見て取れます。こういうライブだと出演者を調べていったほうが良いですね。どういった曲があるのか分からないとノリに付いて行けない(笑)
それと、各々の演者には各々のファンの間で定着してる「定番の演出」があるみたいで、それが出てくるとそれを知らない参加者はおいてけぼりになるんですね(^^;

そして、演者が変わると人の移動がありました。誰かが音頭取ってるわけじゃないけど、自発的に前列中央付近の人は入れ替わりますね。そしてかな恵さんの出番。いったい何を歌うのか?って思っていたら。

まさかの「僕は知らない」が出てきましたよ。アルバム、ミアゲタケシキ内の一曲。他の出演者ファンも大勢いる中、アニメのEDなんかで使われた知名度のある曲を選曲するかと思ったらコレですよ。今までのライブでも歌ったこと無いはず。なんてレアな。鏡をもってこいはこれだったのか・・・。

この曲が聞けただけでも行ったかいがあります。(もちろんこれ一曲だけじゃなかったですよ)

最後は全演者が揃っての長野県歌「信濃の国」の合唱。さすが長野出身出演者で構成されたライブ。参加者でも結構な方が歌ってたみたいなので、話には聞いていたけど長野県での普及率って高いのね。

こういった構成のライブは初めてだったので今までにない体験が出来ました。

帰りは車の運転がないのでビール飲んで新幹線で地元まで。自由席は一杯で座れませんでした・・・orz

2019年1月 3日 (木)

新年

新年になりました。

今年の目標は、とりあえず「無病息災」。

年末にケガしてしばらく引き篭もる羽目になり、やはり健康って大事と再認識。

いろいろやりたいこともあるでまずは健康を、ってことで。

2018年7月14日 (土)

下北沢

本日は下北沢にある劇場で観劇。
例によって出演者目当てです。一度演劇みて、近ければ見ていいかなって思うけどいかんせんほいほい来られる距離じゃない。
生の舞台ならではのトラブルもあって楽しい観劇になりました。

2018年6月10日 (日)

演劇

本日都内某所にて演劇を観劇。演劇を見るのは一年ぶり?

劇場に行くと、結構狭い。何人ぐらい入るんだろう。そんな中、陣取ったのは舞台先端まで、ほんの数歩、ほぼ正面の席。椅子の配置の関係で最前列でないのに前に誰もいない。ライブだったら特等席。良い席だと思ったが、しかしこの席が落とし穴だった(苦笑)

この劇、一つの時間軸で進む二つの場所の片方を見てる感じで進むので、いま登場人物達はどういう状況なのか、どういう人間関係なのか、いろいろ考えながらの観劇になりました。
そこに生身の役者さんがいての芝居ってのはなかなか面白いモノで、ドラマや映画とは違う、感情表現豊かなお芝居に見入ってしまいました。

そして問題の席の場所。主人公の女の子が思い込みの激しい感じで感情を爆発させるシーンがありました。舞台の真ん中、最前部で感情を爆破させたんですが、これが自分の真正面、なにも障害物の無い状態。役者さんの視線も真正面を見つめてるんで、まるで自分に対して言われてるみたい。ちょっと怖くて目が泳いだ(;ω;)

なかなかに楽しい観劇になりました。目当ての役者さんも、舞台で見る姿は新鮮で楽しいモノでした。

2018年5月 1日 (火)

霞ヶ浦を走る 二日目

二日目。土浦のホテルに車を置かせてもらって、霞ヶ浦一周へ。短文になりますが、感想を。
平らで広い。湖を常に左に見て進みますが、ただただ広い。そして上り下りが殆ど無い。そして補給ができない。

東屋やトイレは少ないながら見つかるけど、コンビニとか自販機が見つからない。周遊するサイクリングロードをただ走ってると見当たらなかったです。要下調べ。

サイクリングロード自体は、しっかりした道標(道路にペイントされている)があるので迷うこと無く走れます。これは良い。

時間的、体力的にややきつかったので霞ヶ浦大橋をつかってショートカット。100kmにちょっとかけるほど走りました。

2018年4月30日 (月)

霞ヶ浦を走る 一日目

霞ヶ浦を一周すべく、友人一名と共に車に自転車を積んで土浦へ。
初日は潮来市にある権現山公園に車を置いて神栖市の海岸にある風車まで。風は強いは市街地は走りづらいは、なかなかにハードでした。

その後車に戻って土浦のホテルへ。

2018年2月11日 (日)

戸隠経由

デアエタケシキのための長野行二日目。

ゆっくり起きてチェックアウト30分くらい前にホテルを出て、そのまま家に一直線。でも良かったんですが、特に予定も無いのでちょっと寄り道。

長野市内から山の方に進路を向けて、車を進めます。標高がちょっと上がったら雪の量がすごい。道路はしっかり除雪されてますけど。

目的地である戸隠にてそばを食べ、戸隠神社(中社)にてお参り。その後無事に帰宅しました。

2018年2月10日 (土)

デアエタケシキ

本日は伊藤かな恵さんのライブの長野公演に参加するため、夜勤明けでそのまま長野へ。

寝ずにの長野行になりますが、時間的に長野着までは問題無いけどその後はちょっときつめ。まして終わってから車運転して帰るとか自殺行為になるので一泊の予定。

ホテルまで問題なく到着、仮眠してグッズ販売に並びもう一度ホテルに戻って仮眠。やー、夜勤明けでお昼すぎの行動はキツイです。

ろくすっぽ寝られず開演・・・なんだけど、開場時間を勘違いしていて整理番号で入れるよりかなり後ろになってしまいました。開演した時点で終わりまで持つか?とやや心配になるくらいシンドいです。

で、開演、かな恵さん登場!なんだけど、袖から出てきたかな恵さんが見えない。小さい(苦笑)。

ライブ中も水分補給を怠らず、体力を温存しつつというまるでヒルクライムをやってるような状況だったけど非常に盛り上がりました。多分普通ならグダグダになってしまうような内容だったけど、これが非常に楽しいライブに仕上がるのだからかな恵さんは面白い。

今回のライブは新アルバム、デアエタケシキを受けてのものでしたが、このアルバムはインパクトありました。

全曲新曲、故にどんな内容か全然わからず。手にとって聴いてみると・・・どれも違う曲調でバラエティに富んでいて、「え、次どんなの来るの!?」ってあっという間に聞き終わった感じ。
次の曲を聴くのがワクワクしたなんてずいぶん久しぶりだったなあ・・・。

洗練された詩とは言えないけど、かな恵さんらしい強さが見える「わたしの一部、きみも一部」
「EMOTION」には今までにない色気を感じた気がした(ような気がする)

「オリオンに約束」は少女漫画のような世界感(後に「いじわるな恋」からの流れの曲と判明)

上手くいかない日常、でも涙ではなく笑顔で前に進まねばと歌う「きっと風は吹く」

同じく上手くいかない日常を、こちらはコミカルに歌い上げる「ココロモヤルリズム」。

「Homing-帰巣本能-」はかな恵さんの可愛い部分が全面に出てる、テンポ良い明るい曲。
曲調はどれも違うのに違和感なくまとまっていて、6曲のミニアルバムなのが惜しく感じました。

もう一つ感じたのは、楽曲提供した方々が「こういう歌を歌うかな恵を見たい」と思って作ったんだろうな、ということ。まあ、楽曲提供する場合はそういうものなんだろうけど、何故か今回はこれを強く感じました。

2017年6月 6日 (火)

稲含山登山

本日はGWに断念した稲含山に登りに行きました。

稲含山は群馬県は甘楽町に位置する標高1370mの山です。

ちなみに、断念した理由は道が混むこと。那須大橋から登山口の有る神の池駐車場までは離合困難な舗装林道なんですよね。

平日のため車にすれ違うこともほとんどなく、神の池駐車場に到着したのは12時頃。準備を整えて12:15頃出発。ガイドブックによれば2時間は掛からない行程になります。

神の池から一の鳥居、神の水、二の鳥居、稲含神社旧秋畑社殿を経由して稲含神社下仁田社殿に到着。ここまでくれば山頂まで5分とかからないはずです。

思ってたより急峻な山なんですね。木々が生い茂っててあまり気にならないんですが、結構断崖絶壁。鎖場もあったりします。

稲含神社を出発して数分で山頂へ。13:28。紙の池から1時間15分くらいか。

おー、良い展望だ!

001_2
山頂までの道は木々で視界が遮られてましたが、山頂は背の高い木がなく視界良好です。
写真は北から東にかけての展望。

山頂にて430MHzをワッチしながらお昼御飯です。

バンド内を適当にスキャンさせてたらレピーター周波数で反応がありました。普通レピーターはモールスでコールサインを送出してますがここは音声で送出してました。曰く、JR9VQ立山レピータと。59で聞こえてます。えー結構距離あるよ。後日調べたら117kmありました。その後もスキャンを続けますが業務に使ってるっぽいのしか入りません・・・orz

お昼を取りながら展望を楽しみ、14:20に下山開始。1時間近く山頂にいましたね。

帰りは赤鳥居を経由します。二の鳥居経由より楽な道ですね。途中鳥居峠を通りますが、ここにはこんな看板が。

002

稲含神社によるとここは茂垣峠らしい。でも手元で確認できるガイドブックなどではみんな鳥居峠になってます。

そんな鳥居峠こと茂垣峠を通過して神の池に到着。15:00。帰りは40分くらいですね。おもったより険しく、展望が素晴らしい山でした。

この後は車で帰るわけですが、ここの舗装林道は下仁田に抜けられるみたいです。では下仁田にいこうと車を進めると、程なく未舗装になりました。未舗装というだけで特に悪路というわけでもなく、通行に不安はないですが相変わらず狭い。

無事に下仁田に出ましてあとは普通の道で帰るだけ。無事に帰宅しました。

2017年5月 5日 (金)

妙義山石門巡り

本日は西上州の稲含山に登るぞ!

かなり前から行こう行こうと思っていたのですが、やっと実現(なんていうほど遠くもなければ難しい山でもないんですが)

車で登山口を目指すわけですが・・・登山口までの道が狭いんですよね。R254から那須大橋までは問題ないんですがその先は結構狭い。それでも普段ならそうでもないんでしょうが今はGW。車が一杯ですれ違いが大変。結構続くんですよね。この狭い道。

なもんで、早々にあきらめて引き返します。稲含山はまた後日。

しかし登る気になってるのにこのまま帰るのも悔しい。お昼も近いので遠くとか長距離を歩くコースは無理・・・と考えた結果、妙義山で石門巡りに行くことにしました。

中之嶽神社の駐車場を12:00に出発して石門巡りの入口から登り始めます。難易度は高くないものの岩場と鎖場が連続しますのでなかなか大変。

鎖場をエスケープするルートも有るんですが今回は鎖場アタックします。石門の大きさにビビったりしながら鎖場を昇り降り。

GWだけあって家族連れも多いんですよね。がんばれ小学生。 なんて思いながら前進。自分も小学生の時に林間学校で登ってます。

1493975512045_2
写真は第4石門から望む大砲岩。ここは広場になっていてテーブルや東屋があります。人が沢山。

ここで一休みして中之嶽神社へのコースで下山。 こちらのコースは難易度低いです。途中の縦走路への分岐には色々注意書きが。P5050013
縦走路は難易度桁違い。熟達者向けとか危険の文字が踊ります。一生行けそうにない(苦笑)

その後は問題なく中之嶽神社に到着。お参りをして轟岩に登ってみます。轟岩の上にも鎖場有るんですが足元が怪しいんですよね・・・。登頂は断念して下山。大国神社にもお参りして駐車場に到着。14:00。登ったり降りたり変化に富んだコースでした。

«ペダル換装