2020年1月26日 (日)

スイスアーミーナイフのノコギリは使えるのか

今自分が持ってるナイフの中に何本かいわゆるスイスアーミーナイフがあります。

その中の二本にノコギリが付いています。一本はファーマー、もう一本はソルジャー(新型)です。しかし、このノコギリ、使ったことが無いんですよね。

そこで実際に使ってみました。刃渡りが短いファーマーで切断。

結果、割と使える。まあ、写真のサイズの木を切るのに常用するのはきついですが、ファーマーのナイフでこのサイズの木を切るのはまあ無理なんで、意外と使えると思います。実際使う機会があるかは・・・。ちなみに、ファーマーの重さが86g、ファーマーのノコギリ無しタイプのソルジャーAL(旧型ソルジャー)は71g。

 

ところでこのスイスアーミーナイフ。いくつかの機能を持つわけですが、これを使うことが有るかっていうと、ほとんど無いんですよね。ノコギリを使う機会が有ったのは今まで一度だけ、テントを張るときに邪魔だった木を切る時。それ以外の機能も、缶詰、栓抜き、自分は持ってなかったけどコルク抜きと以前は実用的で結構使ったけど必要無くなったものも有り、最近は料理や細引を切るのにナイフが必要くらいです。ナイフかハサミが有れば必要十分なんですけどね・・・キャンプにはスイスアーミーナイフ、持って行っちゃいますね。

 

 

 

2020年1月 2日 (木)

年末ライブ3連戦

2020年スタートです。まあこれと言ったことのない正月。大きな変化と言ったらお年玉をあげる人数が減ったこと。嬉しいような寂しいような変化。

そんで2019年末の出来事。28、29、30とライブ三連戦。28日伊藤かな恵、長野。29日nano.RIPE、東京渋谷。30日伊藤かな恵、東京下北沢。nano.RIPEはかな恵さんゲスト出演するので、まあ実質かな恵三連戦です。

なお、大雑把な行動記録みたいなものなのでライブ部分とかアッサリです。

28日、かな恵さんの長野。当初は信越線で横川まで、横川から軽井沢までバス、軽井沢から長野までしなの鉄道(途中から信越線)と計画していたのですが、横川-軽井沢間のバスが少ないんですよね。まあ少ないのは良いんですが使いたい時間帯にバスが無い。かなり早く出発するか、遅い時間だとライブ開演ぎりぎりになるかどちらかなんですよね。

で、バスはあきらめて北陸新幹線で碓氷峠を越えることに。そのまま新幹線で長野に行ってしまえば話は早いのですがバスをあきらめたことによって時間に余裕ができたので、軽井沢からは旧信越線、現しなの鉄道で行くことにしました。

元々JRだったのが信越線横軽間廃止に伴い三セク化した路線ですね。軽井沢できっぷを購入、自動改札でもないため改札でスタンプをもらって電車に乗ります。篠ノ井からはJRになるんですが直通なので乗り換えもなく。滞りなく長野着。

今回は一泊するのでまずホテルへ。荷物をおいてライブ会場へ。グッズを購入して開演待ち。

そしてライブ開演。かな恵さん、いつになくハイテンション。かな恵さんらしいライブになりました。

翌日、29日。nano.RIPE、渋谷。先日のルートを逆にたどり、東京渋谷に向かいます。長野でまとめてきっぷを買ったので澁谷の改札は自動改札にきっぷを投入。東京の駅でスイカを使わないの久しぶり。

ライブ会場到着、やっぱりなんとなく客層がかな恵さんと違う気がする。一応nano.RIPEの曲も知ってるんでライブで演奏された曲も7割方はわかります。かな恵さんも登場して楽しかったです。しかし・・・かな恵さんに「自由にしていい」は危険だと思う(苦笑)

30日、下北沢。ライブ会場に付くと、参加者は地下の駐輪場に押し込められる(笑)。その後開場に移動、有志による演出のためのサイリウムが配られたりして開演。ほぼ28日と同じ演出なわけで落ち着いて(?)見られたのですが、かな恵さん何を言い出すかわからない(笑)。実にらしいライブになりました。有志演出も大成功。

と、三日間ライブに参加。楽しい三日間でした。

2019年12月 8日 (日)

見た事の無い乾電池 & スマホフリーズ 

先日、コタツで使うためにノートパソコンを購入しました。キーボードから外せてタブレットとしても使えます。で、タッチペンが付いてたんですが、使ってみたところあまり使い勝手が良くない。こたつ上ならトラックボール、タブレットなら指で操作だなと思ってタッチペンは仕舞うことにしました。

で、電池が入ってるんで抜いたら・・・なにか違和感を感じました。よく見ると単4より細い?見比べてみたらやっぱり細い。

P1010007

見たこと無いよ?作りはいわゆる乾電池のモノで、専用電池って感じす。調べてみたら俗に単6って言われる電池でした。国内規格では存在しないみたいです。ちょっとびっくり。

もう一つ。朝起きたらスマホが起動しません。パソコンは一日二日使えなくてもあまり困りませんが、スマホが使えないのはちょっと困る。

電源入らないし充電もできない。インジケータが点灯しない。ケーブルが切れて充電されてないかと思ってケーブル変えて充電器を変えてもだめ。何やっても反応しません。前日に今までつながっていたブルートゥースがつながらなくてペアリングをやり直してるんですよね。

しょうがないんでドコモショップに駆け込み、受付の店員さんに症状を伝えたところ、simカード横のリセットスイッチ押してくれました。これで無事復旧。さて、これが故障の前兆かどうか!?ちょっと不安が。

2019年12月 1日 (日)

11月の出来事。

かな恵さん関係の覚書。

11/2、ラストオーダー90分を観劇。かな恵さん、なかなかに荒々しい役。劇は、ちょっと「自分が死んだ後」を考えてしまいました。周りの人にとって自分はどういう存在なのだろう?

11/10、エレベエトル遁走曲を観劇。この劇はチケットの購入システムが独特でした。後から考えると劇団内で手作業のチケット発券だったんですね。情熱を傾けていたことに挫折して抜け殻だった主人公が、エレベーターで過去と現在を行き来して。未来の自分が過去を変えたのか、過去の出来事が未来を変えたのか。登場人物たちの考え方が変わっていくのが面白かったです。ところで、劇中閑話休題的に怪談話が入ったんですが、その流れで舞台袖から響くかな恵さんの笑い声、怖かったです(笑)

11/30、夢かなラジオ100回越えのイベント参加。ラジオの公開収録は、かな恵さん以外を含めて多分三回目。ラジオ独特の進行が楽しい。かな恵さんて、伊藤かな恵として舞台に立っているときと俳優として舞台に立っているときの印象がすごく違うんですよね。伊藤かな恵として舞台上にいるときは、いろいろとユルい(笑)。

さー、次は年末のライブだ。

2019年11月24日 (日)

パソコン突然死

先日、パソコンを使っていたところ突然使えなくなりました...orz

現在は動くようになってますが、修理完了までの顛末をば。

自分のはいわゆる自作パソコンでして、2014年くらいに組んだものです。マザーボードは H87-PRO。

発生状況。ネット見てたら突然画面が真っ暗になって、ディスプレイは無信号状態に。パソコン見ると電源が落ちています。

その後、ケースのふたを開けていろいろやってみた結果、以下のような状態でした。

  • マザーボードに電源が来てることを示すLED(緑)は点灯している。
  • 電源SWを押しても反応しない。
  • ビープ音によるエラーは出ていない
  • リセットスイッチを長押しすると、電源SWのLEDが点滅した後、点灯する。その際、CPUファンが一瞬だけ回転する。

マザボの取説を確認した所、最後の「リセットスイッチ長押し→電源LEDが点滅後点灯」についての記述を見つけました。曰く、USB BIOS Flashback機能が正常に動作していない、と。しかしこれ、 BIOS更新用、それも専用USB端子を使った機能です。今回のトラブルとは直接関係ないかな~。

この段階で疑ったのは

  • 突然死と言えば電源
  • CPUファンが怪しい動きをしてるのでこれが壊れた
  • BIOS更新用の機能がおかしいことになってるのでBIOSがおかしくなった
  • メモリがいかれた
  • 他、マザボやCPUがいかれた

こんなところ。ネットで同じようなことになった人いないか調べてみたら、電源LEDとCPUファンの挙動が同じ人は見つけたんですが、その方々は同時にDRAM LEDも点灯してるんですよね。

で、このDRAM LEDの説明を読んだところ、この隣についてる「MemOK!」スイッチを長押ししても電源が入る模様(メモリーの調整のためらしい)。やってみたんですが反応無し。

さて次はどうするか。新しくパソコン組んじゃおっかなとも思ったんですが思いとどまりまして。

取り合えず最小構成という事で、すべての後付けパーツを外し、マザボ、CPU、メモリだけの状態にして起動を試みますが同じ状況。

では交換可能な部品からということで、電源を交換します。もしこれでもダメなら次はCPUファンですが、ちょっと古いので売ってるのかな?そしたらマザボとCPUをセットで交換ですかね。

そして電源を買ってきて乗せ換えたところ、起動しました。原因は電源ユニットだったようです。

改めて配線をし直し、動作を確認、元に戻りました。良かった。

ところで今回久々にパソコンケースを開けたところ、埃がすごかったです。そして、自分のパソコンはSSDがふたつ、HDDもふたつ入ってるんですが、どれがどのドライブか分らん自体になりました(苦笑)。で、これも整理をつけてドライブ名をドライブにメモしました。

やー、無事に治ってよかった(^^;

2019年11月17日 (日)

遠野物語 その4

16時と18時の公演を見終わって、時刻は19時。

当然日は落ちてるんですが、それ以上に街が暗い。街灯はあるんですがお店が開いてない感じ。この時間から飲み食いするのや宿を探すのは無理な雰囲気。

ちなみに、19時終演で花巻方面に行こうとすると、乗れる列車はもう終電、新花巻から仙台行の新幹線も終電になります。

当初遠野行き計画を立てたときは終電に乗って新花巻から仙台に戻る予定だったんですが、主催者が新花巻駅・花巻駅行のシャトルバスを用意してくれました。これに乗って新花巻駅へ。途中はもう真っ暗でどこ走ってるのやら?でした。スマホのナビで現在位置を確認したりしながら、やがて新花巻駅到着。と同時にどうやら新幹線も到着した様子。でもバスからダッシュでも乗れないタイミング!あと1分あれば乗れたのに...orz

次の新幹線までホームでヒマをつぶして新幹線に乗り込みます。なんか特例的に仙台までは自由席兼で指定席に乗っていいようです。

以後は特に特筆することも無く仙台に到着・夕飯食べて就寝、翌朝のんびり帰宅となりました。

以上、声優たちの遠野物語のレポート終了です。

遠野物語 その3

レンタルサイクルを返却。サイクリングマップを見ると20kmオーバーのコースが並んでます。ママチャリでこの距離は遠いなー。

その後、ちょっと時間は早いですが会場に向かいます。会場付近にはお食事処もあります・・・が、当てにしてたお食事処「伊藤家」はすでに閉まってました...orz

さらに付近を探したところ、開いているお店発見。お店の名は「ココカナ」。前出の「伊藤家」といい、かな恵さんにちなんでる(笑)

お店は空いていて自分ともう一人、年配の方がいらっしゃいました。話しかけられたりしたんですが、ここで東北問題が発生。昔バイクツーリングでも経験したんですが、東北の年配の方は方言が強くて聞き取れないんですよね。話をするのは嫌いじゃないんですがやはり殆ど聞き取れない...

で、美味しく食事を終えて会場へ。もうすでに列が出来てました。そして列がなんか華やか。若めの女性が多い印象でした・・・どうやら古谷徹さんのファンらしい。古谷さんと言えばアムロのイメージだったんですが、アムロ違いでしたね(笑)

そして開演。遠野物語・伊藤かな恵で連想されるのは座敷童(笑)。遠野物語、家に本があるんですが、ごく短い話が沢山集まってるんですよね。ただ、きちんと読んだことは無くて、どこで読んだかいくつかのエピソードを知ってるくらい。記憶にある遠野物語の印象ををたどってみたところ、どうやらそのほとんどは「うしおととら」が出所らしいです。

朗読は、当然方言でされるわけですが、これある程度標準語に寄せてるのかなあ?方言そのままだと多分話が聞き取れないような気がする。

「マヨイガ」や「河童渕」とか聞いたことのあるはずの話も有ったんですが、記憶にあるのと微妙に違う。口伝で伝わってる話だろうから、話の筋も変わっていくんだろうな、と思ったり。

感情豊かに朗読されるので聞き入ってしまいました。方言をしゃべるかな恵さんは新鮮でした(笑)。一公演4エピソードだったのがもったいない感じでした。もうちょっと昔話を聞きたかったです。

その4に続く

2019年11月14日 (木)

遠野物語 その2

10月26日、ホテルで朝食を取りました。普段の休日だと朝食抜きのことも多いんですが今日はしっかり取ります。ブッフェ形式の朝食で、目新しかったのはオレンジジュース製造機!オレンジを2-3個投入、スイッチオンすると全自動でしぼりたてオレンジジュースを着くてくれるスグレモノ。視覚的にも楽しかったし美味しかったし、なかなか良いものでした。

その後新幹線で新花巻まで。新花巻に止まる新幹線と釜石線の時刻表の密度が低いので乗り換えに時間が掛かるんですよね。そこそこ時間があるのでどこか行って見ようかと思っても歩いて行ける範囲にコレと言ったものは無さそう。博物館とかあったけど距離的に往復だけで時間ギリギリ。あきらめて釜石線の待合室で音楽聞いたりスマホ見たりで時間をつぶします。この時売店で駅弁でも買っておくのだったと後悔することになります。

その後、快速はまゆりにて遠野へ。ひたすら山の中を走っていた印象。遠野に13時過ぎに到着。開場15:30なんで結構時間があるんですが、次の列車だと開演ギリギリになってしまいます。

ここで食事をしようと思ったんですが・・・お店が見当たりませんねえ・・・。あらかじめレンタルサイクルがあるのは判ってたので名所巡りついでにお店を探すことにして自転車を借りました。いわゆるママチャリ。もらったサイクリングマップを片手に出発。時間的にカッパ渕までの約10kmコース。

そしたらこれが前に進まない(苦笑)。普段乗ってるクロスやロードとは大違い。いままでまともにママチャリに乗ったこと無かったんですがこれは距離走るものじゃない。上り坂も全然力が入らない。中高生時代も、クロス・ロードに乗り始めてからも坂を押した覚えなんてほとんど無かったのに早々に諦めて押すことになりました。

そしてお店も見つからない。コンビニも見つからない。後日サイクリングマップを見たらお店もコンビニもあったんだけどこの時は深く考えず。旅行の時は常備してるカロリーメイトで小腹を満たします。

ちっとも進まないママチャリをヒイコラ漕いでカッパ渕へ到着。結構人いますね。カッパ渕は・・・思ったより浅いんですね。カッパが潜んでそうな雰囲気はあまりありません。もうちょっと暗くて深い淵を想像してました。昔はもっと深かったのかな。キュウリを餌にカッパ釣りの竿が置いてありました(笑)

帰りは川沿いのサイクリングロードを使って遠野駅に戻ります。約10kmでした。クロスなら楽勝でしたがママチャリは大変でした・・・

その3に続きます。

2019年11月13日 (水)

遠野物語 その1

去る10月27日に岩手県は遠野市で開催された「声優たちの遠野物語」に行ってきました。

最近、かな恵さんの出演されるイベントにはちょっと遠くても参加することが多いです。我ながらよく行くなあと思う部分もあるんですが、一度遠方まで足を延ばしたところ、イベント以外の楽しさも見つけたんですよね。

旅行するのが楽しい(笑)。目的地を調べてどうやって行こうか。ルートや時刻表を調べたり、普段使わない交通手段を使ったりが思いのほか楽しい。せっかく行くなら名物くらい食べようか、時間があれば名所に寄ってみようか等々。

今まで旅行と言えばバイクツーリング、基本的にキャンプで観光地はほとんど気にしなかったんですが、やってみると意外と楽しい。

そんな感じで今回の遠野行き。実はざっと予定を立てたところ結構弾丸ツアーだったんですが、それが楽しいって思えてしまう(苦笑)。もしこれが20代だったら長距離ツーリングも兼ねてバイクで行きましたが、今回は主に新幹線で行きました。

色々予定を鑑みた結果、26日に仙台で一泊、27日に観劇して仙台に戻り二泊目、28日に帰宅という旅程に。両毛線と新幹線を組み合わせのんびり行こうと思ってましたが、両毛線は台風の影響で一部区間がバスによる代替輸送に。時間が読めなさすぎるので素直に新幹線を使うことにしました。

26日、家から在来線で大宮へ、大宮から新幹線で仙台へ。この辺は特筆することも無く快適に移動。夕食は居酒屋にて。まあ割高になるんだけどお酒飲んだり名物牛タン食べたり。そして一日目終了。

2019年7月21日 (日)

普通のライト(懐中電灯)をヘッドライトにする方法

ヘッドライトは両手がフリーになり便利です。

自分も持ってるんですが、普通のライト(懐中電灯)も持ってるわけです。部屋にはなぜか5本も有ります。

今回は、この普通のライトをヘッドライトとして使う方法です。

自分で思いついた方法か、何かで読んだ方法かはすでに記憶の彼方です。

用意するもの

  • ライト・・・単三電池1本・2本とか、単4電池3本くらいの、あまり大きくないもの
  • バンダナ、ヘアバンドみたいな頭に巻けるもの。

 

P7210002
今回は単三電池2本を使うライトとバンダナを準備。
バンダナは巻いてヘアバンドとして使います。普通にヘアバンドにするより緩めにして頭に巻き、バンダナと頭の間にライトを挿しまして、グルっと捻り、下の写真のようにします。

P7210003
照射角度こそ固定されてしまいますが、結構いい角度で照らしてくれますので散歩には十分です。バンダナの巻き方の強さによってはライトが落下しやすかったり頭の締め付けが強すぎたりするので要注意です。

«久々の自転車