« 飲み会 | トップページ | ベンベン »

2012年10月12日 (金)

タンクの換装とショートツーリング

僕のバイクはDJEBEL250XC。最大の特徴は17Lという大きな燃料タンクであり、コレによって500Kmになろうかというオフバイクとしては破格の航続距離を誇ります。

この航続距離と荷物の積みやすいキャリア、さらに大きなヘッドライト。これがこのバイクの特徴であり、かつ僕がこのバイクを選んだ理由でもあります。

が。長距離ツーリングに出ることがめっきり減った昨今、この大容量タンクを持て余し気味なのも事実です。日帰りで身軽に走るにはやはり大きすぎるのです。

で、この点を解消すべくタンクを載せ替えることにしました。

幸いにもDJEBEL250XCにはDR250Rという兄弟車(というか、DR250Rにデカタンクetcを付けたのがDJEBEL)がありますので、コレのタンクとシートを持ってくればそのまま載せられます。

で、このタンクとシートを入手。換装作業はホイホイと済んでしまう簡単なものですが、一番厄介だったのは「タンクの中のガソリンをどこに仮置きするか」でした(^-^; タンクキャップとガソリンコックは使いまわすのでどちらのタンクも一度カラにしなくちゃなんですよね。

ま、コレもクリアしまして作業完了。

001

早速、本日試運転に行って来ました。場所は赤城山。今回は軽く走るだけですがジャケットの類はフル装備で。ブーツまで履くと・・・久しぶりのバイク装備はまあゴツイこと。自転車とは違うなあ。

走りだすと・・・おお、スリム、軽い。車体を切り返すのが楽ですね。

17Lタンクだとタンク重量3.4kg、ガソリンの重さは17×0.75で大体13kgで満タンだと全部で16.4kg
DRのタンクは10Lで2.9kg、ガソリンの重さはは10×0.75で7.5kg、全部で10.4kg

満タン比較で6kgぐらい違うんですね。実感としては重さよりスリムさの違いが大きいです。そのスリムな車体で赤城山を走ります。

山頂に近づくにつれ気温は下がり、風も強くなってます。寒い。覚満淵を見下ろせるところにある赤城山山頂駅記念館サントリービアバーベキューホールにいくと、そこには小学生の群れが。

003_2
林間学校かな…?背負っているザックや足元が意外と本格的ぽくてちょっと驚きます。ここでお昼を取りました。群馬名産の麦豚を使ったカレーでしたが、以外に皿が深くて量が多かったです。もちろん美味しかったヽ(´▽`)/

002
赤城神社の橋を望んで一枚。逆光の赤い橋が印象的でした。

このあとは高速を飛ばして帰宅です。軽快に走れるようになりました。

さて、実用上はこのままでも何の問題もないんですが、この後シートを張り替えタンクを塗り替えるつもりです。ぱっと見で交換してないような感じにする予定(^^)

« 飲み会 | トップページ | ベンベン »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572017/55874057

この記事へのトラックバック一覧です: タンクの換装とショートツーリング:

« 飲み会 | トップページ | ベンベン »