« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年10月

2015年10月26日 (月)

冬支度

10月も末になって、だいぶ寒くなってきました。

いろいろな冬支度がありますが、本日衣装ケースの中に仕舞ってあった冬用の服諸々を引っ張り出しました。

冬といえば暖かい服。実は自分には長い間、冬に悩んでたことがあったんですよ。

それは、「防寒着が温かくない」ことです。

フリースとかセーターとかダウンジャケットとか、周りの人が温かいよ~っていう物を着ても、「えーこれでー?」ってことがほとんどだったんですよね。まあ温かいのは温かいのですが…周りの反応からするに、ほんとに温かいみたいなんですが自分には・・・?でした。

それが数年前に気が付いたんですがね、原因は「やせすぎの体形」にあったみたいなんですよ。

防寒着というのは基本「空気層を保つ」構造をしているわけですが、自分の場合、着丈でサイズを合わせると身幅はガバガバになります。この隙間に空気が出入りするので温かくないんですね。

そこで、最近は着る服のサイズを変えまして、いままでLが主だったものをM、モノによってはSを買うようになりました。身幅は合っても着丈は袖は寸足らず気味になりますが、夏物も冬物もこっちのほうが着心地がよいです。

そしてサイズを変えるようになったら冬着る服が温かいんですよね。最近は温かい吸湿発熱インナーも多いですよね・・・。でも、そこで不満が出てくるんですよ。

それは、どいつもこいつも発熱しやがって!ってことなんですよね。まあ部屋着としてなら発熱もいいんですけどね。ちょいと体を動かすとガーッと熱くなるのが難点です。

発熱しなくていいんだよ!ただの起毛でいいんだよ!って思います。

2015年10月21日 (水)

長七郎登山

本日、赤城山にある長七郎山に登ってきました。

登山再開をしようと思ったものの、停滞していたんですがようやく始動。思えば3月に妙義に言って以来。

長七郎山は赤城山は小沼の隣にある山ですね。標高は1579m。もっとも、小沼の駐車場(1490m)から登るので標高差は90mくらいです。

小沼の駐車場に車を停めて、準備を整えます。駐車場に併設されたトイレは改装中の模様で、仮設トイレが設置されてました。

ルートは駐車場から小沼を時計回りに歩きます。11:55に駐車場を出発。道標にそって歩いていきます。歩きやすい道ですね。ゆっくり歩いて30分ほどで山頂到着。晴れてるんですが雲海が広がって外界の展望はゼロです。

Cyositiro
山頂からは地蔵岳のアンテナ群がよく見えます。ココで10分ほど休憩。下山を開始。

こっちの道は荒れてますねー。注意しながら歩いていると、だだっ広い広場に出たりします。ケルンがいつくもあったりします。

分岐には道標が有りますが、設置者を見ると付近の高校(複数)の山岳部の名前が。こういうこともやってるところがあるんですね。

山頂から40分程で駐車場に到着。全工程で1時間10分くらいの軽い登山でした。

ちなみにこの辺り、携帯(au)の電波は安定しません。メールは送受信できる場所もありますが通話やネットは不安定で出来ないと思われます。ビジターセンター辺りはちゃんと電波来るんですけどね。

その後、覚満淵を歩いてから帰宅しました。一周30分ほど。こちらはガスが濃くて展望は無し。肌寒くてウィンドブレーカーを羽織りました。

Kakumanbuti
その後赤城の北面に降りてりんご買って帰宅しました。

ちなみに、街中から赤城に登る途中は紅葉が綺麗でしたが山頂付近はほぼ落葉してました。

近況(スズメバチの巣の始末)

長らく更新が滞っていました。生きてます(^-^;

滞っている間に、車を買い換えたりスズメバチの巣を始末したりしてました。
車はまた後で詳しくお話するとして、スズメバチの巣の始末。

ある日、家の軒先(二階)を見上げるとでっかいスズメバチの巣が!Σ( ̄ロ ̄lll)

家族全員あんなに大きくなるまで気が付かなったんかい・・・と思ったんですが、スズメバチの行動を見てると、巣を出ると屋根を超えて家の裏に行ってるんですね。気が付かないわけだ。

今の所実害はでてませんが放っても置けないので、始末する算段をしなければいけません。

観察と検討を重ねた結果、スズメバチが出入りしてる穴に直接殺虫剤を掛けることが出来そうなので、対スズメバチ用殺虫剤(無風なら10mくらい飛ぶヤツ)を三本用意。

活動がおとなしくなる夜を待って作戦開始。

様子を見ながらジリジリ接近。スズメバチの反応がないのを確認して殺虫剤噴射!そーするとスズメバチも迎撃に出てくるので、適当な所で噴射を中断して退却。コレを繰り返して殺虫剤一本を使いきりました。巣の穴に直接噴射できたので結構効果あったと思われます。

翌朝。もう一本の殺虫剤を片手に様子見。接近してもハチの迎撃はなく、棒で巣を突っつくつと迎撃に出てきましたが動きはかなり鈍い。昨晩の殺虫剤がだいぶ効いてる様子。

その後、散水ホースを引っ張りだして巣に水をぶっかけることに。直噴でも巣が落ちるようなことはないですが、ハチが迎撃に出てきてもすぐ水に阻まれて動けなくなるので、その間に棒で巣を崩しました。最終的に巣の破壊に成功。破壊し落下した巣に止めの殺虫剤を噴射。

コレでほぼ決着が付きました。

あとは様子を見ながら巣を回収してビニール袋に密封。まだスズメバチの残党を見かけますが、残りの殺虫剤を掛けたりして対処。残党も1~2日したら見かけなくないました。作戦終了です。

ところで、この巣の退治をするときに、接着剤みたいなもの巣に掛ければスズメバチを巣にNI閉じ込められるんじゃね?と思ったんですよね。そしたら、そういう退治方法してた方すでに居ましたね。スプレー接着剤で固めた後巣に穴を開けて殺虫剤を巣内に噴射。効果抜群でした。

今回は巣を作られた場所が作業しやすかったのでうまくいきましたが、それでも危険には違いないので、今後は家の周りを注意して見て巣が大きくなる前に対処したいと思います。

« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »